暮らしを支えるロードセル

ロードセルとは何か、その使われ方とは

「ロードセル」はあまり聞きなれない単語ですが、ほとんどの人の生活に溶け込んでいるほど重要なものです。ロードセルとは何で、そしてどこで使われているのでしょうか。ロードセルとは力を検出するセンサーの事を云います。力を加えるとその力を検出し、それを電気信号にして出力するのです。
使い方としては、「力」を測定する必要がある所で使われていることが多いです。普通の人におなじみなのは「てんびん、台はかり」そして「体重計」でしょうか。そのような小さな家庭用製品から、工場などで使われる「産業用はかり」、大学などの研究施設の「試験機」などにもロードセルは使われています。
ロードセルのメリットは、力を電子データ化し、蓄積することが可能なため、産業においての効率化や、品質管理に役に立つという事です。また、ロードセルは他のセンサーに比べ安く、寿命が長いことがメリットとして挙げられます。値段は安い物であれば1万円ほどで、その寿命はロードセルの性能範囲内の重量であれば、半永久的に使う事が出来ます。ただし、急激に重さを加えたりすると壊れる可能性もあります。私たちの見えないところで活躍するロードセル。今後も産業活動に欠かせない物になっていくと考えられます。 

ロードセルを使用するメリットについて

ロードセルというと、一体何だろうと考えてしまいますが、やはり技術革新によって、全てのものが HDDの中にデータ化されて保存されることと関わりが深そうです。例えば同じ重さの打製石器を縄文時代の人間が2つ作ることになります。それらの2つは同じ猛者でないといけません。なぜなら2人の人間がどれだけたくさんの食べ物を取ることができるのかどうかを競いたいからです。
その当時は重さを測るのに、ロードセルなんかありませんから、目分量で測ることになるのかもしれませんが、もしロードセルがあったら、打製石器以外の条件は全て同じ条件で採取競争ができたことでしょう。
つまりロードセルは重さや負荷を電気信号に変えて、それを電子データ化しておあそこんに保存することを可能にする機械のことですね。ですから、ロードセル自体に私たちが目に触れるチャンスは少ないですが、電子秤や、試験機や、流量計などの各種測定器において用いられています。
そしてロードセルの値段の幅はかなり大きいですね。5万円くらいのものから1600万円もするものまで様々ですね。ですがロードセルは寿命が長いようです。10万回の疲労需要があるとすれば、10万回ほど使うことができそうです。とにかく近年は全てのデータをパソコンで管理しなくてはいけないので、ロードセルなどというものが必要とされているわけです。

プレス機に取り付けが容易なロードセル形状を採用し、最小限度の電気的接続で動作可能な仕様となっております。 ロードセル+測定器+ハンドプレス機(型式:CMH-003):定価¥365,000 からとなっております。 ロードセル+測定器・荷重校正済みで即納体制です。 一部価格改定がありました。詳細につきましては弊社営業部宛にお問い合わせください。 ロードセルのことなら富士コントロールズ

UPDATE LIST

重要な情報を収集する上で欠かせないロードセル

ロードセルを使用するメリット ロードセルは質量やトルクを検出するセンサーの事で力を加えていくと電気信号…

READ

繊細な扱いが要求されるセンサー

ロードセルの原理と用途 ロードセルとは、物体に掛かる力を電気信号に変換し検出するセンサーで、荷重変器と…

READ

ロードセルは計測するときの必需品

ロードセルの種類と値段と寿命 ロードセルとはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、力を見つけるセンサー…

READ

ロードセルの基礎知識

品質管理に欠かせないロードセル ロードセルは力の大きさを電気信号に変える変換器です。力が加わった際に変…

READ